腰痛 湿布

  

腰痛の湿布

腰痛時の正しい湿布の使い方。腰痛の治療のための湿布の方法を解説しています。湿布には様々な種類があります。あなたの腰痛の度合い・症状に合わせた正しい湿布を理解して正しい治療を行いましょう。

 腰痛の治療と対策館Top > 腰痛時の湿布の使い方
  

腰痛時の湿布の使い方


腰痛や肩こりなどに使われる外用薬には、使い方によって塗るタイプのチックタイプ、スプレー式のエアゾールタイプ、貼布タイプなどの種類が市販されています。また治療法によって分類すると冷やす系統の薬と温める系統の薬の2種類に大別されます。いずれも工夫すると効果を高めることができます。

■冷やす系統の湿布薬
これは冷灸やアイスマッサージの代用として活用できます。冷刺激が痛みを和らげるのは、二次反応として冷やした部分の温度が上昇し、血液の循環がよくなるからですが、長時間冷やしてしまうと、逆に二次反応が期待できなくなります。塗り薬やエアゾールはつけたまま放置しておいても自然に効力が抜けていきますが、湿布薬は30分たったらはがし、貼っておいた皮膚が他の部分と同じ温度にまで上昇したところでもう一度はり直します。この繰り返しを3〜5回行うと効果的です。この方法も半日以内にとどめておきましょう。

■温める系統の湿布薬
温める系統の薬も、痛むあたりの血液の循環をよくすることが目的ですが、短時間に汗をかくようにするとより効果がアップします。
例えば、湿布を貼った上に部分的にビニールなどをかぶせてもよいし、ウィンドブレーカーなどを重ね着して1〜2時間ぐらいのうちに上半身に汗をかくようにしてもよいでしょう。汗をかいたらよくふきとり、痛むあたりをマッサージしたり、腰痛体操をするとより有効です。




  コンテンツ
 腰痛の原因と症状
  腰痛の原因
  腰痛の症状
  肩こりと腰痛
  女性の腰痛の原因と症状
  腰の痛みを感じたら
  生理時の腰痛
  妊娠中の腰痛
  便秘による腰痛
  子供の腰痛
  腰痛と姿勢の関係
 
 腰痛の治療と予防
  腰痛の薬
  整体で腰痛治療
  腰痛の予防
  腰痛と腹筋の関係
  腰の筋肉を鍛える方法
  腰痛予防の腹筋トレーニング
  水泳で腰痛対策
  スポーツ前の腰痛予防
  腰痛のマッサージ
  腰痛の体操
  腰痛のつぼ
  腰痛のサポーター
  腰痛時の湿布の使い方
  腰痛時の風呂の活用
  腰痛の人がとりたい食事
  腰痛予防のマットレスの選び方
  腰痛の用語集
 
 腰痛の症状別 原因と治療
  ぎっくり腰の原因と治療
  椎間板ヘルニアの原因&治療
  座骨神経痛の原因&治療
  変形性脊椎症の原因&治療
  脊椎分離症・すべり症の原因&治療
  骨粗しょう症の原因&治療
 腰痛に効果的な商品
  キャッツクロー 効果・副作用
  コレクト腰痛ベルト 口コミ・効果
  トコちゃんベルト 口コミ・効果
  コンドロイチンZS錠 関節痛・腰痛・神経痛
  アリナミン 価格比較・激安
  バンテリン 効果・副作用・口コミ
  キューピーコーワ 激安・価格比較・口コミ
  ナンパオ 効果・副作用


Copyright (C) 腰痛の治療と対策館 All Rights Reserved