腰痛 薬

  

腰痛の薬

腰痛について。腰痛の治療には様々ながあります。それぞれの薬の特徴・効果を分かりやすく解説しています。あなたの症状に合った正しい腰痛の薬を使いましょう。

 腰痛の治療と対策館Top > 腰痛の薬
  

腰痛の薬


腰痛で主に使われる薬について解説しています。

腰痛に効く薬はいろいろあり、内服薬、患部に直接貼る外用薬、痛みを起こしている神経にステロイド剤や麻酔薬を直接注射する神経ブロック、坐薬、注射など、その症状や原因によって様々な腰痛の薬を使い分けます。

軽い腰痛であれば、市販の飲み薬や塗り薬でもよいでしょう。


外用薬は患部に直接作用するので、急激な腰痛に効果的です。ぎっくり腰など、急に腰痛になった場合は、冷感タイプの湿布薬を使い、多少痛みが引いたら温感タイプを使うと良いでしょう。
神経ブロックなどは、痛みがどうしようもないときに、一番即効性があり、効果的で、病院で行ってくれます。

腰痛の薬の多くが単に痛みを止めることを目的としていいます。


痛み止めの薬
痛み止めには、飲み薬と貼り薬、塗り薬、坐薬、注射があります。

飲み薬は副作用として、胃を荒らすことがありますので、予防のために胃薬が出されることもあります。胃に直接作用しない薬もありますし、胃の負担が少ない薬もあります。


筋弛緩剤の薬
筋弛緩剤は、筋肉を緊張させている神経をしずめる作用や血管を拡張して血流を増加させる作用もあります。
このような作用で、筋肉のコリや緊張がとれて痛みが和らぐことになります。


腰痛の主な薬
エモルファゾン
エモルファゾンは炎症を抑えて腫れや痛みをやわらげる作用があり、腰痛症、五十肩、変形性関節症、手術後、外傷後などの抗炎症・鎮痛に用いられます。非酸性抗炎症剤と呼ばれる薬で、アスピリンやインドメタシンなどの酸性抗炎症剤に比べて効力は弱めですが、各臓器や血液などへの副作用が比較的少ないといわれています。

塩酸エペリゾン
筋肉の運動をコントロールする中枢神経に作用して神経の異常な興奮を抑え、骨格筋の緊張をやわらげます。また血管を広げて血流をよくする作用や軽い鎮静・催眠作用など多くの働きにより、頸肩腕症候群・五十肩・腰痛症などによる筋肉のこわばり・痛みや、脳血管障害・痙性脊髄麻痺・手術後後遺症・外傷後遺症などによる痙性麻痺に効果を示します。

塩酸チアラミド
炎症を抑え、腫れや痛みをやわらげます。非酸性抗炎症剤とよばれる薬で、アスピリンやインドメタシンなどの酸性抗炎症剤に比べて効力は弱めですが、副作用の胃腸障害などが比較的少ないといわれています。

エピリゾール
炎症を抑えて腫れや痛みをやわらげる作用があり、腰痛症、関節症、神経痛、膀胱炎などの抗炎症・鎮痛に用いられます。中枢性の鎮痛作用と末梢性の抗炎症作用が協力的に働き、速効性を示します。

塩酸トルペリゾン
筋肉の運動をコントロールする中枢神経系に作用して陰茎の異常な興奮を抑え、筋肉のこわばりや痛みをやわらげます。脳卒中後遺症・脳性麻痺・外傷後遺症などによる痙性麻痺や、頸肩腕症候群・腰痛症・変形性脊椎症などにおける筋肉の緊張状態に用いられます。副作用の眠気や脱力感などが比較的少ない薬です。

シメトリド・無水カフェイン
脳の視床下部に作用して鎮痛効果を示すシメトリドと、シメトリドの効果を高めるカフェインを組み合わせた薬で、腰痛症、神経痛、頭痛、月経痛、歯痛などに用いられています。

ナブメトン
炎症を引きおこすプロスタグランジンという物質の生合成を抑えて、炎症にともなう腫れや痛みをやわらげる作用があり、慢性関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症などの抗炎症・鎮痛に用いられます。作用には持続性があり、大きな副作用の心配もないため、慢性の症状に適します。

苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)
身体をあたため、足腰の痛みを和らげる働きがあり、腰痛、腰の冷え、夜尿症、遺尿、坐骨神経痛、帯下を改善するために用いられます。倦怠感や腰の冷え、痛みをともなう排尿回数や尿量の多い人に処方される漢方薬です。

八味地黄丸(ハチミジオウガン)
身体の弱った機能を助ける働きがあります。下肢痛、腰痛、五十肩、肩こり、しびれ、坐骨神経痛、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、水腫、糖尿病、動脈硬化、腎炎、ネフローゼ症候群、萎縮腎、膀胱カタル、脚気、更年期障害、低血圧、高血圧、前立腺肥大、陰萎、老人のかすみ目、老人性湿疹などを改善します。

アフロクァロン
筋肉運動をコントロールする中枢神経に作用して神経の異常興奮を抑え筋肉のこわばりや痛みを和らげます。主に、腰痛症・脳性麻痺、脊髄性血管障害、多発性硬化症、外傷による後遺障害、手術後後遺症などの治療・痛みの軽減に利用されます。





  コンテンツ
 腰痛の原因と症状
  腰痛の原因
  腰痛の症状
  肩こりと腰痛
  女性の腰痛の原因と症状
  腰の痛みを感じたら
  生理時の腰痛
  妊娠中の腰痛
  便秘による腰痛
  子供の腰痛
  腰痛と姿勢の関係
 
 腰痛の治療と予防
  腰痛の薬
  整体で腰痛治療
  腰痛の予防
  腰痛と腹筋の関係
  腰の筋肉を鍛える方法
  腰痛予防の腹筋トレーニング
  水泳で腰痛対策
  スポーツ前の腰痛予防
  腰痛のマッサージ
  腰痛の体操
  腰痛のつぼ
  腰痛のサポーター
  腰痛時の湿布の使い方
  腰痛時の風呂の活用
  腰痛の人がとりたい食事
  腰痛予防のマットレスの選び方
  腰痛の用語集
 
 腰痛の症状別 原因と治療
  ぎっくり腰の原因と治療
  椎間板ヘルニアの原因&治療
  座骨神経痛の原因&治療
  変形性脊椎症の原因&治療
  脊椎分離症・すべり症の原因&治療
  骨粗しょう症の原因&治療
 腰痛に効果的な商品
  キャッツクロー 効果・副作用
  コレクト腰痛ベルト 口コミ・効果
  トコちゃんベルト 口コミ・効果
  コンドロイチンZS錠 関節痛・腰痛・神経痛
  アリナミン 価格比較・激安
  バンテリン 効果・副作用・口コミ
  キューピーコーワ 激安・価格比較・口コミ
  ナンパオ 効果・副作用


Copyright (C) 腰痛の治療と対策館 All Rights Reserved