変形性脊椎症の原因&治療

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症は中年以降に起こる老化現象。

 

背骨は椎骨が積み重なっていて、椎骨が作る関節の働きにより自由に背中や腰をまげることができます。関節が自由に動くのは、関節の表面がなめらかで弾力性のある軟骨でおおわれているからです。
しかし軟骨は加齢により、すり減って硬くなっていきます。そのため関節がうまくかみ合わなくなると痛みが生じます。

 

椎骨をつないでいる椎間板も加齢により弾力性が失われ、椎間板に接する椎体の角部分に力が加えられ、その部分にとげのような出っ張りが出来ます。そしてこの出っ張りが神経を刺激したり圧迫したりすることで痛みが引き起こされます。

 

発生する場所によって痛みを感じる場所が違い、頸椎の場合、自覚症状がないときもありますが、多くは脊髄圧迫による手足のしびれ、肩こり、首の後ろに痛みを感じます。
頸髄が圧迫される場合は、手足の痺れ、ボタンをかけるなどの軽作業が困難になったり、けいれんして歩きにくくなったりします。

 

腰椎の発生した場合は、腰痛はもちろんのこと、下肢のしびれがあります。
腰は曲げたりそらしたりすると痛み、足に力が入らなくなる事もあります。

 

変形性脊椎症に加えて、脊椎管狭窄や椎間板ヘルニアなどを引き起こすと症状はさらに悪化します。

 

 

変形性脊椎症の原因

30歳代を過ぎて、脊椎に過度の負担がかかり始めると、椎管関節にある軟骨の変形を生じ、椎間関節の関節腔は狭くなっていき、また、椎間板と呼ばれる椎体の間にあってクッションの役割をする軟骨も狭くなり変性します。

 

多くの原因は老化によるもので、それまでの過度の運動負担が大きくかかわります。
職業に関係したこともあり、農夫症、漁夫症は変形性関節症の一つになります。

 

若い頃に重労働や激しいスポーツを行ってきた人が40歳以降に発症する場合が多く、頸椎や腰椎に起きやすくなります。
高齢者には症状の程度は違いますが、ほとんどと言っていいほどの人にこの症状が見られますので、加齢に伴う生理的な変形とも言えます。

 

 

治療のポイント

変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)は老化によるもので、治療は対処療法になります
・消炎剤や鎮痛剤の薬物療法
・温熱療法
・腰痛予防の体操などで腹筋、背筋などを強くする
・保存療法、手術療法など。

 

主に保存療法が行われます。
保存療法では安静にした上で、薬物療法、体操療法、温熱療法、頸椎牽引、骨盤牽引などの治療法を行います。
保存療法でも症状が改善されない場合は、手術療法が行われます。

 

症状が見られない場合はそのまま様子を見て、症状が軽症であれば、できるだけ身体を動かして、身体をやわらかくするようにしましょう。
多少痛いからといって安静にしすぎると、かえって症状が悪化したりする場合がありますので注意が必要です。

 

お風呂に入ったり、運動したりして身体を温めてストレッチする事で、周りの筋肉の緊張や、こわばりがとれます。

 

痛みに対しては消炎鎮痛剤、筋弛緩剤などの薬剤を使用したり、ビタミン剤を補助的に使用しましょう。また、温熱療法やけん引も有効です。

 

コルセットなどを巻いて負担を少なくする方法もありますが、あまり使いすぎると筋肉が弱ってしまいますので、最小限に抑える必要があります。

 

神経が麻痺したり、症状が改善されない場合は手術を施す場合もあります。

 

 

変形性脊椎症の予防

背ぼねを支える筋肉や靭帯が少しずつ弱くなり、そのために腰痛が出てしまいます。
痛みが落ち着けば、とにかく体を動かすようにしましょう。ウォーキング、水中ウォーキングなどもいいでしょう。
さらにお風呂に入った後、ストレッチをして柔軟性を高めましょう。
周りの筋肉の緊張や、こわばりがとれます。

 

無理な姿勢や動作はさけましょう。